ディアホームズ三田

facebook LINE twitter
R100 tokyo designs
/
【VRを活用した3D内覧開催中】
現在「3Dカメラ」を活用したバーチャル内覧が可能です。
実際に本物件を訪れて室内を歩いているかのような感覚でご覧ください。
237.35㎡
5億1,500万円(税込)
東京都港区三田2丁目
デザイナーの遊び心と上質なディティールを積み重ね、気持ちをアップテンポにする住まい

三田綱町の高台の上に佇む「ディアホームズ三田」。沿道の向かいに綱町三井倶楽部、隣接する敷地には慶應義塾大学があり、独特の存在感と格式を醸し出しています。文化と歴史に裏付けされた三田綱町エリアにある本マンションから、R100 tokyoデザインのリノベーション住戸をご紹介します。

イタリア大使館の深い緑から木漏れ日そそぐ、格調高雅な空間

玄関から広がる美しいリビングと大きな窓。漆喰左官仕上げの大きな壁が玄関とリビングを有機的につなぎ、奥行きを感じさせ、端に配された飾り棚が、間接照明と調和して空間に優雅なアクセントを添えます。リビングの南向きの窓から差し込む光が玄関までやさしく伸び、左官壁の自然素材が持つ優美で素朴な表情が光によって浮かび上がります。

リビングダイニングの床材はヘリンボーンのフローリングで、ナチュラルな明るさを感じます。隣接するイタリア大使館の緑に呼応して、窓際に置いた植物が風にそよぎ、リビング空間に爽やかさを醸します。

機能性とデザイン性が両立したキッチン

キッチンはL字のオープン型。住まいの動線の中心に位置し、エントランスからの回遊性を確保することでLDを一望できるように整えました。

キッチンカウンターの側面には奥行き感を演出するベルベットカラーのファブリックを採用し、レトロ調のアクセントになっています。棚板は片面に異なる色のレザー素材を採用したことで、板を裏返せば雰囲気が変わり、飾り棚としてもお愉しみいただけます。

カウンター中央にあるステンレス素材の柱はピンクブロンズとゴールドのグラデーションが光の当たり方によって見え方が変わり、一刻ごとに異なる表情を見せます。マグネットで伝言を残すメモ用紙を貼るなど、ご家族のコミュニケーションツールとしても実用的にお使いいただけます。

また、キッチン背面に造作のオープン棚を作ることで作業スペースにゆとりをもたらし、忙しい料理の時間もご家族と一緒に作業ができる空間を実現しました。風通しを考慮した動線計画としてキッチン収納が斜めに配置されていることでひと続きの一体感がうまれ、リビングからフリールーム、廊下にかけて一直線に気持ち良く視線が抜けます。

様々な用途に応えられるフリースペース

住まう人により十人十色に変化するフリースペースは、LDKからも空間の繋がりが感じられるよう、ガラス引き戸で仕切られるように設えています。

穏やかに過ごせるプライベート空間としての寝室

主寝室には約3.4帖の大型ウォークインクローゼットを完備した他、パウダールームと浴室も備え、効率的な生活導線を整えました。パウダールームの壁面には大きめのタイルを採用し、ホテルライクな設えに。また、天板台座にはテラゾータイルを敷くことで、物を置いてもノイズにならず、心地よく馴染みます。寝室は入口ドアから奥まった場所にベッドを配置したことで、ベッドからは間口の広い壁面と窓側を望むことができます。室内は落ち着いた配色、照明計画を施すことで心休まる空間に設えました。

R100 tokyo がおすすめする邸宅街の中でも、その落ち着きある環境と物件の希少性がある本邸。トーンを合わせた大きな空間に呼応した色味でありながら、細部に華やかな色味や素材を使うことで、アップテンポな空間が演出されています。どことなく懐かしさや親しみを感じさせるアクセントが心地よい住まいをぜひ現地でご体感ください。

Photo: Daisuke Shima, Satoshi Nagare

▼設計者インタビュー記事はこちら

R100 tokyo WEBマガジン-Curiosity
吉村峰人が設計したディアホームズ三田の新コンセプトルーム

▼内装デザインについての対談はこちら

R100 tokyo WEBマガジン-Curiosity
ディアホームズ三田の空間に込められた色を読み解く

 

三田綱町の高台に佇む、美しい重厚感の邸宅マンション

「ディアホームズ三田」は1986年(昭和61年)築・総戸数13戸、全住戸が100平米超の邸宅マンションです。三田綱町の高台の上にあり、隣接するイタリア大使館のあふれる緑に包まれた静かな住環境です。東京メトロ南北線・都営大江戸線「麻布十番」駅より徒歩10分の立地で、都営三田線「三田」駅やJR山手線・京浜東北線「田町」駅など複数路線も徒歩圏内です。

かつては松平家や島津家などの大名屋敷が立ち並んでいた港区三田綱町。現在、その跡地には各国大使館や日本屈指のヴィンテージマンション、また三井グループの会員制倶楽部である綱町三井倶楽部が立ち並びます。

「ディアホームズ三田」の彫の深いタイル張りの重厚な外観や、綱坂からのアプローチをとる駐車場のシャッターゲート、日々行き届いたサービスを提供する管理等、まさにこの地に相応しいマンションです。

 

本邸が位置する三田綱町エリアは、三田ガーデンヒルズの再開発により今注目のエリアです。三田の歴史をひもといた、街の詳しい説明はこちらをご覧ください。
R100 tokyo WEBマガジン-Curiosity
■海を望む高台は、風光明媚な邸宅街――名建築に彩られた「三田・芝」を歩く
https://r100tokyo.com/curiosity/city-walk/220102/


■駐車場:専用使用権1台付き(70,000円/月)※地下平置き駐車場・縦列2台可(サイズ制限あり)
■ペット飼育:可(細則あり)
■フロントサービスあり
■セキュリティ
・オートロック
・モニター付きインターホン
・エレベーターインターホン

※旧法借地権(地上権):存続期間1984年(昭和59年)2月27日~2044年(令和26年)2月26日までの60年間。第三者に譲渡・転貸可(土地所有権者:伊太利国※イタリア共和国)

【Life information】

<学区>
港区立赤羽小学校:約350m(徒歩5分)
港区立三田中学校:約750m(徒歩10分)
<ショッピング施設>
マルエツ プチ 三田二丁目店:約600m(徒歩8分)
まいばすけっと 三田2丁目店:約550m(徒歩7分)
<公園>
三田綱町児童遊園:約230m(徒歩3分)
<その他>
綱町三井倶楽部:約170m(徒歩3分)
駐日イタリア大使館:約220m(徒歩3分)
在日オーストラリア大使館:約400m(徒歩5分)
ファミリーマート三田二丁目店:約500m(徒歩7分)

R100 tokyo による企画・リノベーション

本邸は R100 tokyo の企画・リノベーション物件です。R100 tokyo は、ブランドビジョン「Quiddity of Life~本質的な価値感が表現される暮らし」と、空間作りのコンセプト「Crafted Home」に基づいた住まいづくりを行っています。それは、住まい手自らが本質的な心地良さ・豊かさを体感し、長く愛着を持ち住み続け、さらに、次の住まい手へと引き継いでいける住まいを目指したものです。

一邸一邸、個性ある空間をリノベーションするブランドだからこそ、立地や空間の個性を丁寧に紐解き、住むことの心地よさを実感し、人生の本質を愉しむための住まいづくりを行います。

それは、歴史に培われた「家」の原点と向き合い、上質さを尊重し、タイムレスな価値を創造すること。
空間のゆとりを生み出し、細部まで丁寧に整えること。
時間の積み重ねとともに深みを増し愛着をもたらす素材を選定すること。
そして、光の動きや季節の移り変わりを美しく感じ、日常を豊かに感じられるシーンを持つ空間を目指すこと。

そうした住まいと暮らしの提案をしていきます。

建物名称
ディアホームズ三田
交通/最寄駅
東京メトロ南北線・都営大江戸線「麻布十番」駅徒歩10分、都営三田線「三田」駅徒歩10分、JR山手線・京浜東北線「田町」駅徒歩12分
所在地
東京都港区三田2丁目
価格
5億1,500万円(税込)
建築年
1986年(昭和61年)7月
リノベーション
竣工年
2023年(令和5年)11月
専有面積
237.35㎡
バルコニー
19.88㎡
専用庭
--
その他面積
トランクルーム:10.94㎡
間取り
4LDK+2BathRoom
総戸数
13戸
建物/所在階
地下1階付6階建/3階
建物構造
鉄筋コンクリート造
品質基準
R1住宅
R1住宅
facebook LINE twitter
権利形態
旧法借地権(地上権)
管理費
90,630円/月
修繕積立金
37,240円/月
地代
326,798円/年(毎年変動)
その他費用
有線放送聴取料4,620円/月
現況
空室
引渡
即時
取引形態
売主
管理形態
全部委託管理/日勤
管理会社
日本ハウズイング株式会社
facebook LINE twitter

物件のお問合せや、ご内覧希望は下記までご連絡ください。

担当:厳(げん)
定休日:火・水・祝日
本物件は弊社売主のため仲介手数料は発生致しません。