お問合せ

03-6756-0100

営業時間 10:00〜19:00(火水祝定休)

  1. R100 TOKYO
  2. Curiosity
  3. 人生を愉しむ
  4. 「デュアルライフ」を思い描きながら、甲州市勝沼を旅する
Curiosity| 人生を豊かにするモノやコトを紹介するウェブマガジン。
「デュアルライフ」を思い描きながら、甲州市勝沼を旅する
Inspiration from Travel

「デュアルライフ」を思い描きながら、甲州市勝沼を旅する

甲州市勝沼、デュアルライフを思い描く旅・後編——ブドウ畑を見渡すビストロと笛吹川のほとりに佇む温泉宿へ

日本各地への旅を通して、豊かな暮らしにつながる「“体験”や“気付き”を得る旅」を提案する連載企画「Inspiration from Travel」。3回目は、東京からのアクセスも良く、デュアルライフや田舎暮らしの拠点としても注目を集める山梨県甲州市の勝沼エリアへ。
前編では元半導体工場を大胆にリノベーションした「MGVsワイナリー」を訪れた。今回の後編ではブドウ畑を見渡す高台にある「ビストロ・ミル・プランタン」でランチを楽しみ、同じ甲州市内の笛吹川温泉に構える一軒宿「坐忘」に投宿。さらには地元の人々に愛される天然酵母仕込みのベーカリー「パンテーブル」にも立ち寄った。

▶前編はこちら

Text by Takehisa Mashimo
Photographs by Shinsuke Matsukawa

名ソムリエがいる、居心地のいいビストロを訪ねて

午前中に訪れた「MGVsワイナリー」を後にし、周囲に広がる勝沼のブドウ畑をのんびりと散策すること約15分。ゆるやかな傾斜を上った少し先に、目的の三角屋根の一軒家レストランが見えてくる。「ビストロ・ミル・プランタン」だ。

同店のオーナーは、フレンチの名店「銀座レカン」で長年チーフソムリエを務めてきた五味𠀋美さん。ということで、少しばかり緊張しながら扉を開けたのだが、そんなこちらの緊張を察してか、五味さんは「田舎のビストロなんで、どうぞ気楽にしてください」と屈託のない笑顔とともに温かく迎え入れてくれた。

八角形のドーム状になった店内は、天井が高く、大きな窓越しに勝沼のブドウ畑を見渡せる明るい雰囲気。五味さん自身もシャツにジーンズ、エプロン姿と、ビストロらしいカジュアルな装いだ。親しみやすい自然体のサービスも実に心地いい。

高い天井と大きな窓により開放感あふれる店内。窓の外には勝沼エリアの美しいブドウ畑が広がる。
「勝沼のビストロらしい、アットホームで親しみやすい雰囲気を目指している」というオーナーの五味𠀋美さん。

窓際の席に通されると、テーブルの上に敷かれているのは勝沼周辺のワイナリーマップになっているランチョンマット。聞けば、五味さんが考案し、イラストレーターの福永由美子さんに描いてもらったオリジナルだという。

「皆さん、ワインを飲みながら、ランチョンマットでそのワイナリーがある場所を確認します。ワイナリーによっては、窓から実物のワイナリーも見えるんですよ。お食事の後はランチョンマットを持ち帰って、ぜひワイナリー巡りにお役立てください」

「ビストロ・ミル・プランタン」から徒歩10分圏内には、10軒ものワイナリーが密集している。ワイナリーを数軒はしごしてから「ミル・プランタン」でワインと食事を楽しんでもいいし、その逆もまた然り。こういう贅沢な楽しみ方ができるのも、ワインカントリーにあるビストロならではだ。

五味さんによる勝沼周辺の観光情報が記載された「ビストロ・ミル・プランタン」オリジナルのランチョンマット。

甲州ワインとともに、山梨の旬の味わいを

さて、山梨県出身の五味さんが勝沼の地に「ビストロ・ミル・プランタン」を開業したのは2010年のこと。ワイン業界の第一線で活躍するソムリエとして世界中のワイン産地を旅するなかで、改めて勝沼のブドウ畑のある風景の素晴らしさや、そこで造られるワインや食材のおいしさに気づかされたのだという。

取り扱うワインは、山梨県産のものをメインに常時250種類ほど。甲州市内のワイナリー38軒のうち、勝沼エリアを中心に30以上ものワイナリーのワインをストックしている。またグラスワインを常時10~12種類と豊富に揃えているのも、地元のさまざまなワインを気軽に試してほしいという想いから。

ワインは地元山梨県産のものを中心に、フランス産やスペイン産なども含めて常時250種類ほど用意している。

一方、食材も甲州麦芽ビーフや信玄鶏、キングサーモンとニジマスを掛け合わせた富士の介、南アルプス産ベビーリーフなど、県外ではあまり知られていない地元のものを積極的に使用している。特に野菜やフルーツは、五味さんが勝沼に移住してから自ら生産者のもとに足を運び探し出してきたものばかりだ。

実際に味わってみると、どの野菜もハッと驚かされるくらいに新鮮で、味自体が濃い。ニンジンならニンジンの、クレソンならクレソンの味がちゃんとするのだ。もちろん肉や魚も言わずもがな。これに地元のワインを合わせておいしくないはずがない。

「調布や国立など東京の西のほうにお住まいのお客さまは、銀座に行くよりも勝沼のほうが感覚的に近いとおっしゃいます。キレイな空気を吸って、自然に囲まれて食べるほうが料理もワインも断然おいしい、と。そしてなにより勝沼のほうが値段も安いですから(笑)」

シグネチャーディッシュのひとつ、「甲州麦芽ビーフのもも肉のグリエ、勝沼産赤ワインソース」。クレソンは山梨県道志村産。
キングサーモンとニジマスを交配させて誕生した山梨県のブランド魚「富士の介」を使った一皿。「富士の介のマリネ、サラダ仕立て」。甲州種のワインと相性抜群。
車の運転がある方には、季節の果実を使用したノンアルコールドリンクを。こちらはブドウの王様ピオーネのコンポートピュレを使用した一杯。

五味さんの穏やかな話しぶりに耳を傾けながら、土地の食材と土地のワインを堪能する心地よいひととき。もしも近所に住んでいたなら週末ごとに通いたい……、 そう思えるビストロがある。そんな豊かな暮らしを思わず想像してしまう素敵な出会いだった。

Spot information

ビストロ・ミル・プランタン
山梨県甲州市勝沼町下岩崎2097-1
▶︎https://mille-printemps.com/

美しきニッポンの山里風情が漂う湯宿

せっかく山梨まで足を運んだなら、やはり温泉も楽しみたい。近隣にはいくつか天然温泉が湧き出ており、気軽な日帰り温泉から情緒あふれる温泉宿まで、さまざまな施設が点在している。この日向かったのは勝沼エリアから車で20分ほど、甲州市の北部を流れる笛吹川のほとりに佇む温泉宿「笛吹川温泉 坐忘」だ。国道140号線沿いに架かる小さな橋を渡ると、笛吹川と竹林に囲まれた静かな山里があり、そこに一軒宿として「坐忘」が構えている。

約8000坪の敷地には小川が流れ、錦鯉が泳ぐ池を中心に本館や離れ、食事処などが配されている。敷地内のどこにいても竹林と裏山を背景にした日本庭園が見え隠れし、喧騒からは遠く離れたどこまでもゆったりとした時間が流れている。

全室露天風呂付きの「別邸 離れ」へと続く小路。

この日案内されたのは、ベッドルームと12畳の和室から成る全8室の「別邸 離れ」。それぞれに専用の露天風呂が付き、また部屋によって趣も異なるという。その他、本館にも洋室の離れや和室の離れ、池を望む特別室などがあり、宿全体で23の客室を用意している。

レセプションには、「坐忘」のグループ企業である勝沼エリアのワイナリー「まるき葡萄酒」のワインコーナーも。
本館特別室「琴川」は、錦鯉が泳ぐ池を望むテラスと、それに続く専用露天風呂付き。
畳敷きの純和室とローベッドの洋寝室から成る和洋折衷の本館特別室「琴川」。
本館2階のライブラリーラウンジ。建築や民芸、アート関連の蔵書とともに、「まるき葡萄酒」のワインも用意されている。

客室で荷解きをしてひと息ついたら、部屋にも専用の露天風呂が付いているものの、やはり大浴場へと向かいたい。

地下約1000mから湧き出る笛吹川温泉の湧出口温度は43~44℃。ゆえに自然のまま利用できる理想的な温泉といえる。また泉質はpH値(水素イオン濃度)が9.6と極めて高いアルカリ性を有しながら、お湯自体の感触はいたってマイルド。高いpH値のお湯が肌の古い角質を取ってくれることから「美人の湯」とも呼ばれているそうだ。過度の長湯は禁物だが、「坐忘」名物の洞窟露天風呂に入ることもお忘れなきように。

「坐忘」名物の洞窟露天風呂。さながら天然のミストサウナといった趣。
大きく取られた窓により、周囲の自然と一体になった源泉かけ流しの内風呂。

築140年の古民家で味わう、茶料理とワインのマリアージュ

築140年の古民家を移築した食事処「懐石まる喜」。

野趣あふれる大浴場で旅の疲れを癒やした後は、軽くドレスアップして「別邸 離れ」の小路を抜けた先にある食事処「懐石まる喜」へ。ここで供されるのは、一汁三菜からスタートし、料理長自らが点(た)てる薄茶で締めくくる茶懐石。コース自体は9~10品から成り、それぞれ四季折々の山里の滋味あふれる食材が並ぶ。

古民家の柱や梁をそのまま生かした「懐石まる喜」のカウンター席。
カウンターの奥に設置された水場。料理長が全国各地の窯元から厳選した茶碗が並ぶ。
「懐石まる喜」の個室テーブル席。畳敷きの和室ながら、足を伸ばしてくつろげる掘りごたつ式。

例えば、看板メニューの「乾徳山アマゴの炭火焼き」は、笛吹川の上流にある乾徳山の麓で育ったアマゴを使用。これを生きたまま輸送して敷地内の池で泳がせておき、焼き上げる直前にさばく。さらには備長炭(うばめがし)でじっくり焼き上げることにより、その繊細な香りまで存分に楽しんでもらおうという趣向だ。この「アマゴの炭火焼き」を目当てに、たびたび「坐忘」に足を運ぶリピーターも多いという。

これらの料理に合わせるべきは、なんといっても地元のワインにほかならない。ワインリストには同宿のグループ企業であり、現存する日本最古のワイナリー「まるき葡萄酒」のワインが常時20種類ほど並ぶ。茶懐石と甲州ワインのマリアージュ。そんな粋な楽しみ方もまた、勝沼の旅ならではの贅沢といえるだろう。

茶懐石はまず「一汁三菜」からスタートする。米は山梨県北杜市(旧武川村)の契約農家から届く「武川48米」を使用。
看板メニューの焼きもの「乾徳山アマゴの炭火焼き」。甲州ワインとのマリアージュもお試しあれ。

疲れた心と身体にじんわりと染み込む温泉の心地よさ。どこか懐かしい畳の匂い。旬の食材の滋味深い味わいを堪能する夕餉……。東京にもスパや温浴施設は数あれど、都会の喧騒から離れた温泉宿で得られる癒やしには代えがたい。温泉があるエリアに暮らしの拠点を持てたら、そして気が向いたら近所の温泉宿にふらりと泊まるような、そんなライフスタイルを思い描きながら眠りについた。

Spot information

笛吹川温泉 坐忘
山梨県甲州市塩山三日市場2512
▶︎http://www.fuefukigawaonsen.com/

ワインカントリーでの暮らしを彩るベーカリー

ワイナリー、ビストロ、温泉宿と、もう十分すぎるくらい勝沼周辺の魅力を堪能した翌日。帰りがけに地元で評判のベーカリー「パンテーブル」にも立ち寄ってみることにした。ブドウの観光農園が並ぶ国道411号沿いにある「パンテーブル」に到着すると、小さな駐車場はすでに満車。にもかかわらず、次々と山梨ナンバーの車がやって来るではないか。

こぢんまりとしたディスプレイには、常時20~30種類の天然酵母仕込みのパンが並ぶ。

「パンテーブル」は地元勝沼出身の女性オーナー、奥山美紀さんが2005年に開業したベーカリー。国産小麦粉を100%使用し、自家製の天然酵母と白神山地の天然酵母を使い分けながらこだわりのパンを焼き上げる。「香りは外国産の小麦を使ったほうが強く出るのですが、国産小麦のほうがパンの味わいがやさしくなります」と奥山さん。

「パン屋さんになりたい」という小さなころからの夢を実現させた「パンテーブル」オーナーの奥山美紀さん。

安心、安全はもとより、時には原価率の高い山梨県産の小麦粉を使ったり、県のブランド豚であるワイン豚を使ったりと、試行錯誤を繰り返しながら地産地消にも力を入れている。地元のレストランやカフェにもパンを卸しているそうで「うちのパンはワインにも合うんですよ」とのこと。旅の最後に、昨日「MGVsワイナリー」で購入したワインに合わせていくつかパンを買い求めたのだが、ついつい買いすぎてしまったことを記しておこう。

山梨県北杜市産の小麦粉を50%以上使用して焼き上げた「山梨カンパーニュ」。
山梨県のブランド食材であるワイン豚のソーセージを丸ごと1本包み込んだ「ワイン豚ソーセージパン」。
それぞれグリエールチーズとカマンベールをたっぷり使用したパンは、ワインのおつまみとしても人気。

「ワイン産地のベーカリーのパンは、きっとワインに合うはず」という勝手な思いつきで訪ねたのだが、結果的に大当たりだった。次はいつ来られるだろうか。ひっきりなしに来店する地元の人々を羨ましく思いつつ、小さなベーカリーを後にした。

Spot information

パンテーブル
山梨県甲州市勝沼町休息1360

勝沼を旅して思う、「これからの暮らし方」

今回、勝沼周辺を旅して感じたことは、東京から車でわずか1時間半ほどの場所なのに、この土地にはワインというカルチャーが深く、しっかりと根づいているということ。サンフランシスコの郊外にナパやソノマがあるように、東京の郊外には勝沼がある。そんな「ワインカントリー」が意外と近くにあることに、改めて気づかされた。

個性あふれる数々のワイナリー、豊かな土壌に実る果物や野菜、それらを堪能できるビストロや温泉宿、そしてすがすがしい空気と素晴らしいランドスケープ。こんな土地に、東京以外の暮らしの拠点がある人生も悪くない。ディアルライフを思い描きながら巡った1泊2日の旅は「これからの暮らし方」の確かなヒントとなった。

R100 TOKYO THE CLUBに会員登録

R100 TOKYO THE CLUB

厳選された情報を会員様のみに配信

THE CLUB(入会費・年会費無料)

メルマガ配信や自社分譲物件の会員優先案内のほか、会員様のみにお伝えできる限定情報、
イベントへのご招待など、特別な情報をお届けいたします。

人生を豊かにするモノやコトを紹介するウェブマガジン。

R100 TOKYO SALON
都心の物件情報
会員登録
人生を愉しむ