お問合せ

03-6756-0100

営業時間 10:00〜18:00(火水祝定休)

  1. R100 TOKYO
  2. Curiosity
  3. 人生を愉しむ
  4. ライアン・ガンダーの、時代と呼応したシルクスクリーン。
Curiosity| 人生を豊かにするモノやコトを紹介するウェブマガジン。
ライアン・ガンダーの、時代と呼応したシルクスクリーン。
山本憲資の「今、手元に置きたいアート」

ライアン・ガンダーの、時代と呼応したシルクスクリーン。

山本憲資が、自身でリアルに購入した、今注目のアーティストの旬なアート作品を紹介。
ライアン・ガンダーの『今』に響くシルクスクリーンプリント。

この数年、日本でもギャラリーやアートフェア、アートイベントの数も増え、アートに接する機会が増えたという人も少なくない。それに伴い、自宅にもアートを飾りたい、手元に置きたいというニーズも着実に増え、日本のコンテンポラリーアートのマーケットも年々順調に拡大している。
現代アート好きとして知られる、スマホ収納サービスのサマリーポケットを展開するスタートアップ『Sumally (サマリー)』のFounder&CEOの山本憲資(けんすけ)氏も例外ではなく、昨年夏に軽井沢に拠点を移してから作品を購入する機会が増えてきたという。購入しているものは、数万〜数十万円以内のサラリーマンでも手の届く価格帯のものも多く、今後もコンスタントに買い続けたいと話す。本連載では、山本氏が購入した”手の届く”アートとアーティストとのストーリーを自身が綴っていく。第11回の今回はライアン・ガンダーのエディション25のシルクスクリーンプリント。

Text by Kensuke Yamamoto
Edit by Fumi Itose

突出した時代の空気感を切り取る力を持つ、英国の現代美術家

第11回の今回紹介するのは、ライアン・ガンダーの作品です。ライアンは、1976年にイギリスで生まれ、コンセプチュアルアートの旗手として、特に2010年代以降には目を見張る活躍を見せています。

つい先日までオペラシティアートギャラリーで開催されていたライアンの個展『われらの時代のサイン』も、大変に見応えのあるものでした。意外にも東京では初の大規模な個展で、もともと2021年に予定されていた展覧会でしたが、コロナ禍で開催が1年ちょっと遅れ、今年ようやく日の目をみました。一見ポップな雰囲気に鋭い示唆が宿る作品群は、見ていて愉しいのと同時に考えさせられる部分も多く、僕もじっくりと時間をかけて鑑賞しました。

《最高傑作》という作品名が付けられた2013年の作品

予定されていた展覧会ができなくなってしまった昨年には、代わりに『ライアン・ガンダーが選ぶ収蔵品展』という、ライアンがオペラシティアートギャラリーの収蔵品をキュレーションして展示する企画が実施されました。こちらもセンスに溢れる興味深い内容だったことも記憶に新しいです。選ぶ人と展示スタイルが変わると、かくも印象が変わるものかと感銘を受けたのですが、今年も『ライアン・ガンダーが選ぶ収蔵品展』と同タイトルの小展示が、個展とあわせて開催されていました。

モノトーンの白髪一雄や李禹煥の作品が緻密に壁に並べた2021年の展示

文字だけのシンプルなデザインながら、時代に突き刺さるメッセージ

個展開催時、オペラシティのスーベニアショップで販売されていたのが、25枚エディションのこのポスター。”The strangeness gets more ordinary. Dad”というシンプルなメッセージが刷られています。日本語版もあり、『おかしなことが普通になってきたな。  父』という文面になっています。

ポップなフォントで鋭いメッセージが書かれている

シルクスクリーンで刷られた深みのある黒味もインパクトがあるのですが、今、この時代にふさわしいメッセージを、このようにポップに寄り添うように世の中に投げかけるのは実にライアンらしいスタンスと言え、共感とともにギュッと胸を掴まれました。

元々は金沢を拠点とした『Keijiban』という、さまざまなアーティストの作品を月替りで町中に設置された掲示板に展示するプロジェクトのために2021年に制作された作品。展示の際には、日本語版も並べて飾られていました。

金沢の町中のギャラリー『Keijiban』で展示されていた際の様子

町中でふとこういうメッセージに巡り合うと印象に残りますし、こういったアートが、どこか街に血を通わせる役割を担っている部分があるのかもしれません。新進気鋭のアーティストからローレンス・ウィナーのような大御所まで、毎月興味深いラインナップなので、金沢に行かれた際はみなさまこちらもぜひ。

Information

『Keijiban』
石川県金沢市高岡町18−13
https://www.keijiban.online/
※現在はライアン・ガンダーの作品は展示されていません

profile

山本 憲資

1981年生まれ、神戸出身。広告代理店・電通、雑誌『GQ』編集者を経て、Sumallyを設立。スマホ収納サービス『サマリーポケット』も好評。音楽、食、舞台、アートなどへの興味が強く、週末には何かしらのインプットを求めて各地を飛び回る日々。「ビジネスにおいて最も重要なものは解像度であり、高解像度なインプットこそ、高解像度なアウトプットを生む」ということを信じて人生を過ごす。」

サマリーポケット

▶︎https://pocket.sumally.com/

R100 TOKYO THE CLUBに会員登録
THE CLUB

R100 TOKYO THE CLUB

厳選された情報を会員様のみに配信

THE CLUB(入会費・年会費無料)

自社分譲物件をはじめ厳選された100㎡超の物件情報や、先行案内会、イベントご招待など、会員様限定でお届けします。

人生を豊かにするモノやコトを紹介するウェブマガジン。

都心の物件情報
会員登録