お問合せ

03-6756-0100

営業時間 10:00〜18:00(火水祝定休)

  1. R100 TOKYO
  2. Curiosity
  3. 人生を愉しむ
  4. 若手作家・石井佑果の紡ぐ、音のある世界。
Curiosity| 人生を豊かにするモノやコトを紹介するウェブマガジン。
若手作家・石井佑果の紡ぐ、音のある世界。
山本憲資の「今、手元に置きたいアート」

若手作家・石井佑果の紡ぐ、音のある世界。

山本憲資が、自身でリアルに購入した、 今注目のアーティストの旬なアート作品を紹介。
音楽を紡ぐように描かれた、気鋭の若手作家・石井佑果のペインティング。

この数年、日本でもギャラリーやアートフェア、アートイベントの数も増え、アートに接する機会が増えたという人も少なくない。それに伴い、自宅にもアートを飾りたい、手元に置きたいというニーズも着実に増え、日本のコンテンポラリーアートのマーケットも年々順調に拡大している。
現代アート好きとして知られる、スマホ収納サービスのサマリーポケットを展開するスタートアップ『Sumally (サマリー)』のFounder&CEOの山本憲資(けんすけ)氏も例外ではなく、昨年夏に軽井沢に拠点を移してから作品を購入する機会が増えてきたという。購入しているものは、数万〜数十万円以内のサラリーマンでも手の届く価格帯のものも多く、今後もコンスタントに買い続けたいと話す。本連載では、山本氏が購入した”手の届く”アートとアーティストとのストーリーを自身が綴っていく。第7回の今回は石井佑果のペインティング。

Text by Kensuke Yamamoto
Edit by Fumi Itose

大学院を卒業したての、期待大の若手アーティスト

第7回の今回紹介するのは、石井佑果さんのペインティングです。彼女の作品をはじめてみたのは昨年のこと。インスタグラムでたまたま彼女の展示の告知を見たのがきっかけでした。うまく予定があわずその展示には伺えなかったものの、インスタ上で彼女のポートフォリオを拝見し、以来ずっと気になっていたのでした。

彼女の作品を実際に初めて見ることができたのは、今春の東京藝術大学大学院の卒業制作展のタイミングでした。それまでにも何度かメッセージのやりとりはさせてもらっていて、展示の案内をもらい楽しみに伺いました。

実物のペインティングもやはり好みのテイストで、彼女の作品を手元に置きたい気持ちが、より大きくなりました。インスタのプロフィールにComposer(作曲家)と書いているのですが、彼女の作品には五線譜や音符など、音楽に関わるモチーフが頻繁に出てきます。例えばショパンの曲名と鍵盤が描かれた作品があったりと、クラシック音楽の世界がエッセンスとして内包されているところにもまたシンパシーを感じました。

ちなみにこの時、、南谷理加さんという藝大大学院に在籍中の作家とたまたま石井さんの展示スペースでお会いしました(彼女たちは初対面でした)。南谷さんの作品も魅力的なものが多く、僕は藝大内の彼女のアトリエにお邪魔したこともあったのですが、自分が気になる作家同士が初対面からそれなりに通じ合ったやりとりをしている様子になんだかわくわくして、そんな偶然に巡り会えることもまたアートの愉しみのひとつなのかもしれないな、と。南谷さんの作品も、そう遠くないうちにこちらでも紹介できればと考えています。

石井佑果さん(左)の絵の印象を、身振り付きで話す南谷理加さん(右)

我が小屋『游獅山荘』にぴったりなペインティング

上でも書いた音楽モチーフの作品にも惹かれつつ、彼女のポートフォリオの中で僕が一番気になった作品は、5体のライオンを描いたペインティングでした。

僕は獅子座で、軽井沢のうちの小屋の脇にはせせらぎが流れていることから、あそびライオンの小屋という意味で『游獅(ゆうし)山荘』という名前を小屋につけています。

そんな獅子に何か縁のある僕としては、獰猛(どうもう)感があまりないこのゆるい獅子のタッチが実に好みで、見えるような見えないようなライオンたちの表情にもまたぐっときます。それほど緊張感のないライオンたちのポーズと背景の景色にもどこかヌケ感があって、小屋でリラックスして過ごすときにそばにあるのにぴったりの作品です。

先日、アート好きの知人に彼女のことを話したら、植物モチーフのなかなか大きめの作品をさっそく購入していて、僕の周囲でもじわじわと佑果ファンが増えてきています。気に入った作品が知人の手元にあると、いつでも見られる気がして嬉しくなりますよね。7月には東京の日本橋三越で2人展があるようで、気になる方はぜひ足を運ばれてみてください。

Information

日本橋三越本店の本館6F『MITSUKOSHI CONTEMPORARY GALLERY』で7月に彫刻家の丸山太郎さんと2人展を開催予定。詳細の会期等は6月中旬に発表予定とのこと!
MITSUKOSHI CONTEMPORARY GALLERY
https://www.mistore.jp/store/nihombashi/shops/art/contemporary.html

石井佑果 Instagram
https://www.instagram.com/yuuuka141/

profile

山本 憲資

1981年生まれ、神戸出身。広告代理店・電通、雑誌『GQ』編集者を経て、Sumallyを設立。スマホ収納サービス『サマリーポケット』も好評。音楽、食、舞台、アートなどへの興味が強く、週末には何かしらのインプットを求めて各地を飛び回る日々。「ビジネスにおいて最も重要なものは解像度であり、高解像度なインプットこそ、高解像度なアウトプットを生む」ということを信じて人生を過ごす。

サマリーポケット
▶︎https://pocket.sumally.com/

R100 TOKYO THE CLUBに会員登録
THE CLUB

R100 TOKYO THE CLUB

厳選された情報を会員様のみに配信

THE CLUB(入会費・年会費無料)

自社分譲物件をはじめ厳選された100㎡超の物件情報や、先行案内会、イベントご招待など、会員様限定でお届けします。

人生を豊かにするモノやコトを紹介するウェブマガジン。

会員登録
都心の物件情報