CONCEPTコンセプト

  • コンセプトイメージ1
  • コンセプトイメージ2

100年先を見据えた価値の創造

東京の豊かさを、暮らしや住まいのあり方を通して見つめ直す。取り戻す。それが、R100 TOKYOの使命です。

東京は地方と比べても、世界から見ても、豊かな都市だと言われます。しかし、東京の住宅事情をみれば、持ち家率、住宅の延べ床面積、ともに全国最下位。ニューヨークやロンドン、パリと比べても、延べ床面積は半分。豊かとは言いがたいのが実情です。

バブル期には、緑豊かな都心の邸宅地に、100㎡を超える外国人向けの高級賃貸マンションが多数建設されました。しかし、都心部で100㎡を超えるマンションは年々減少し、新築では全体のわずか1%しか存在しません。

住宅供給者側の一方的な論理からつくられた住まいは、東京にほんとうの豊かさをもたらしてきたのでしょうか。

ゆとりや豊かさとは、そこに暮らす人々が自ら感じ、生み出していくもの。大切なのは、住む人の暮らしに何が必要かを見極め、目に見える価値だけではなく、目に見えない価値を創出していくことだと思うのです。

私たちは提案します。東京のこれからの暮らしを。これからの豊かさを。マンションを、後世に受け継がれる社会の財産へと変えていくために。100年先を見据えた価値創造に取り組んでいきます。

フィロソフィー

先見性
ほんとうに価値あるものとは、
時を重ねるごとに深まっていくものです。
R100 TOKYOは、100年先をも見据えた、
付加価値の創造に取り組んでいきます。
普遍性
R100 TOKYOがめざすのは、豊かさの
「スタンダード」になること。確かな資産として、
大きな安心感と普遍的な価値の提供をお約束します。
継承
「ほんとうの豊かな暮らし」にこだわって、
立地と建物を厳選。R100 TOKYOは、東京の豊かさを発掘し、
受け継がれていくよう、様々な取り組みを行っています。
時・間
R100 TOKYOは、ライフステージごとの
様々なシーンを想定し、ゆとりある空間を
デザイン。「間」のある日常を、
東京の暮らしに取り戻します。
誇り
住むほどに馴染み、愛着が増す。歳月とともに
満足が高まっていく。R100 TOKYOは、
住む誇りと歓びが、いつまでも感じられる場を提供します。
フィロソフィー5軸
ページトップに戻る
R100 TOKYOサロンイメージ
R100 TOKYOの家づくりへのこだわりを是非体感しに来てください。
R100 TOKYOサロンへ
スマホ版を見る