100年確かな資産価値と、時とともに醸成される価値。

100年先も価値ある邸宅。

本当の意味での「資産価値」とは何か。R100 TOKYOは、まずそこから考えました。
一般的に資産価値=現在価値と捉えられていますが、本来は、現在価値≧将来価値の差が少なく、
資産価値を保てる物件でなければなりません。
そのため、R100 TOKYOは、下図のような維持管理の仕組みを重視しています。

1.立地

都心にある利便性よりも、普遍的な要素を兼ね備えた、「山の手」と呼ばれる緑豊かな
邸宅地にこだわりました。新たに創り上げることのできない希少性も備えています。

2.大規模修繕と維持管理のしくみ

将来の建物価値を決定する大きな要因。
それは、現時点での課題を踏まえた、長期的視点での改善。
そして、次の世代へ受け継ぐための超長期での維持管理プログラムです。
自社ブランド分譲マンション「ルクラス」シリーズでは、
築後100年目までの長期修繕計画を立案。次世代まで見据えた建物価値を創造していきます。

3.受け継がれる邸宅へ

住まい手からも、地域の方々からも永く愛され、受け継がれていく。
100年先も愛される住まいと暮らしのデザインを、リノベーションを通して実現します。

TOPICS

日本の不動産マーケットの現状

築10年を超えると大きく価値が下落

R100TOKYOは、下落した価値をバリューアップし、それが維持管理されていく仕組みを重視することで、合理的な価格で、真の豊かさを実現する本当に資産価値の高い住宅の提供を目指します。

  • 首都圏の一戸建て住宅の建物部分の価値
  • 首都圏の新築マンション販売価格と中古マンション流通価格
ページトップに戻る
R100 TOKYOサロンイメージ
R100 TOKYOの家づくりへのこだわりを是非体感しに来てください。
R100 TOKYOサロンへ
スマホ版を見る